お金は自分のために使う!

15
標準

「お金」って稼ぐのは大変なのに、使うのは本当に簡単なものですよね。
資本主義である人間社会に生きている以上、これ無しには全くもって何事も前に進まない訳でして。

本当に借金なんて拵えたものなら、そりゃもう生き地獄ですよね。
来る日も来る日も借金に追われて、生きた心地がしない!
もう死ぬしかない、なんて捨て鉢になってはみたものの、人間、そう簡単に死ねるものでもない。

じゃ、どうするのか?
そりゃ~もう、小生のような貧乏を絵に描いたような輩は、一生働くことしか方法が無い訳ですな。

本当に歯を食い縛って、馬車馬の如く働き続けるしか無い。
生きても地獄、死んでも地獄とはこういうことを言うんでしょうね。

でも、そんな小生にも「お金」に対する考え方っていうんですか、そういう哲学みたいなものがあるんですよ。

長く生きていれば、何事に対しても1つや2つの哲学は持つことができるようになるもんで、人間っていう動物は。

で、貧乏暇なしの小生が人生を賭して会得したその哲学とは、ゴホン、「お金は自分のために使うことが金運を引き寄せる」ということですな。

ちょっと大上段に構え過ぎたかもしれませんが、これがしがない小生が半世紀を生きて辿り着いた「お金」に対する考え方ですな。

家の支払いが大変

36
標準

私は家族3人でコーポに住んでいるのですが、とにかく家賃・光熱費・食費の支払いが大変です。

3人で住むから節約になっているんじゃ?と思われるかもしれませんが、10歳下の妹は家賃を少し出すだけであとは何も出してくれません。

光熱費は当然3人で使うので毎月莫大な請求がやってきます。

今私は安定した収入がないので非常に辛い状況です。私達が住んでいるところとは別に実家があって、そこに弟家族が住んでいるのですが、色々な理由があって実家を売りに出すことに。

不動産屋に相談してから約2ヶ月が経ちますが、まだ売れていないようです。

実家がなくなるのは寂しいですけど、早く売れてくれると家計が助かるのになぁと、毎日祈っている状態です。お金は本当に大事だと思います。

養育おじさんの悲哀

02
標準

育児年齢のダディの現金三万円はもらいすぎだろうか?

会社での飲みは2ヶ月に1回近辺、とにかくマネーの要るホビーもしない、アパート呑みの安ワインは月々三千円、昼食は会社食で天引きとなれば本当に遣り繰りに訓練はしないハズ。

だが、毎日費消達する朝めしのパン金といった土日の外食費をブランクやりくりばっかない事を理由に動揺させられてある。
でもお子様が狭くいく事ができない間は、コツコツヘソクリやっぱしやってきたものだ。

ただし今やお子様1は小学3時男子、成人並みに喰う。お子様2、3は赤子を習得し、最初世間に独り1食を要求する。
独身時代に貯めた数値百円のヘソクリは空前の燈火、こんな事になるなら自分に留まる何か買っておけば良かったという後悔する。

嫁よ、私はどうしても現金を上げろという言ってる訳ではない。
少なくとも私の売上相応の外食生活に協力してほしいだけです。