小遣いに関する危機感の違い

20
標準

利益に関する危機感というものが夫婦でことなる状態、厳しいなと常日頃から感じております。
わたしは前もって利益にたいしてシビアだ。

それは自分の出来上がり育った在宅にお金がなかったからでしょう。
ですが主人はそのあべこべだ。
お金のある家で何面倒無く育ってきました。

そのためか利益に関する危機感が何らありません。
今月、わが家は5万円の急性返済がありました。

そのため、夏休みにディスニーランドへ行くのは無理だとわたしは判断しました。
但し、主人はディズニーランドへ行く思い満々だ。
私の経験上、家族で行くと5万円はかかります。

どこからその費用が捻出できるのか今の状況では謎です。
今夏は自粛して利益を貯めて来季行っても良いとわたしは思います。

お金がなくてジュエリーを買い取ってもらった。

08
標準

私の父親は3階級前に、うつ病になってしまって、出勤を辞めてしまったのでした。
退社利益という貯金で生活してきましたが、私も勤務していた会計会社が移転することになってしまったので、伺うのが大変になってしまって、その出勤も辞めてしまったのでした。

うちには断じて給与がなくなってしまったのでした。
でも、退社利益という貯金で食いつないできました。

も、今や貯金の残金が少なくなってきましたので、あたしがホビーで集めていたジュエリーを買い取ってもらって、賃金にしました。
自分のジュエリーは、18利益のリングを一環だけ残して置き、全員換金しました。

自分のダイヤのリングを処分してしまって、甚だつらかっただ。
でも50万円ほどになりました。