貯金がしたい

03
標準

私は、本当に貯金をする事が苦手です。

大部分の日本人は、貯金をしているのが普通に見えます。ブログなどでも、「どのように貯金を殖やすか」に焦点があてられていますよね。

私が今までにした貯金の方法は色々ありますが、どれもことごとく失敗しています。

どちらかというと「浪費癖」があるようです。

500円貯金は、沢山の方がやっていらっしゃるようですが、やはり使ってしまい、ダメでした。

「つもり貯金」という、「買ったつもり」「行ったつもり」のお金を使わずに貯める、という方法もできませんでした。

やはり、お金は使う為にある、という結論に至りましたが、どうしても「貯金をしている人への憧れ」が、自分にはあるようですので、これからも自分に合った貯金の方法について、模索して行こうと思っています。

金がないと言っている人ほどはげる気がします

28
標準

うちにはお金がないと、親がよく話していますが、これには理由があったのですが、それもどうでもよくなりました。

お金の話をしすぎると、頭がはげる人が多いように思えますね。

毎日のように、銀行やATMに振り込みにいったり、電卓と帳簿のようなものを見ていて、周りはレシートだらけで、半日はつぶれ、もう半日は、相方に延々と愚痴る人を見ていますが、頭の毛がほぼないです。アインシュタインのような髪型といいますか。

金は大雑把に収益が、何年後に増えていくというような計算で良いと思います。

金のために健康、総じて幸せであることが一番です。

問題は金がなさすぎる事に、暗くなって、うつっぽく、寝るまで電卓をいじっている人だと思います。

お金を稼ぐ

17
標準

実際にお金を稼ぐためには、どのようなプロセスを経れば良いのでしょうか。

これにはまず、どこにお金が落ちているのかを見極める方法を理解する必要があります。

「お金が落ちている場所?そんな場所が本当にあるものなのか?」

と、そのように思われたのではないでしょうか。しかし実は、お金とは常にさまざまな場所に落ちているものです。まずはそれを探し出し、そして拾い上げる方法を知ることで、お金を稼ぐことは十分に可能となります。

人は誰もが何らかの問題や悩みを抱えているものです。これらは容易には解消できないものであり、だからそ問題であり、悩みであるわけです。

また、人は誰も、何らかの欲求を持っているものです。「あれがしたい」「あれが欲しい」「あんな人になりたい」と、ある種の欲求は誰も持ち合わせているはずです。人には上昇志向がありますから、欲求が生まれるのもごく自然なことといえるでしょう。

つまり、問題や悩みの解決、欲求は、誰もが持つものであり、そしてそれは幸せになりたいという願いへとつながります。

実はこの問題や悩みの解決、欲求という部分にこそ、お金は落ちているものです。つまり、ここには問題や悩みを解決したい、欲求を満たしたいという強いニーズが存在します。そしてこれを解決するためには、人はお金を支払うことを厭わないからです。

よって、人の抱える問題や悩み、欲求について徹底した検証を行うことは、すなわちお金が落ちている場所を見極めることに等しいことになります。