奨学金の返済について

22
標準

私にはお金の悩みが幾つかありますが、その一つが、奨学金の返済です。私は奨学金を借りて大学で学んでいました。大学を卒業してから奨学金の返済がスタートしたわけですが、これが意外と大変なのです。

金額にしてはそれほど高額なわけではないのですが、毎月返済するとなると、結構な痛手となるのです。私は正社員ではないため、収入は普通の人よりも少ないです。そのため、奨学金返済に対しては負担が大きく感じるのです。

奨学金は借りたお金です。キチンと返済する義務があります。私もこのことは理解しているので、しっかりと完済させます。

今は奨学金の返済が大変ですが、何とか収入を増やし、少しでも負担を軽減させたいと思っています。そしてできれば早めに完済させたいです。

これからのお金について

24
標準

お金を使うというのは当然の事ながら、人がそれぞれいる中で絶対に無くならないと思います。しかし、お金が「兌換紙幣」から「不換紙幣」に変わったように、今度はお金でに取引は少なくなっていくでしょう。

「兌換紙幣」は根本的なところで、何らかの裏打ちされる物(たとえばゴールド、銀、プラチナなど)で誰の目にも「価値のあるもので、いつでもお札からそういった値打ちのあるものに交換できる」と言う事で、発展しました。

それでも大元の紙幣は中国の宋の時代、鉄でできている重い貨幣だったから、信用できる条件などを付けてどこからでも、預けてあるお金以内で支払いができるようにという「取引を元に」と言う事で宋の国家あげての通貨となりました。