貯金は無理のないところから

16
標準

貯金といえば給料から毎月何円残して、というように計画的に行うのが一般的かと思うのですが、やはり人によってはもらった給料は好きなことに使いたい、買いたいものなどがたくさんあるという人もたくさんいますよね。

貯金とはもともと無理のないところからスタートすると始めやすいといいます。給料に余裕のない人もいらっしゃるかと思いますので、微々たるところからスタートになりますが給料は貯金に回さずにアンケートサイトやポイントサイトで少しずつ貯金をしていくという方法もあります。

特に細かい作業が得意だという人にとっては電車通勤中や寝る前などの作業にできるだけの作業を行っておくだけでもそこそこの金額が貯まりますので貯金初心者にはうってつけです。

子供時代のお小遣い稼ぎ

02
標準

私の家は中流家庭の下。

子供ながらにうちは貧乏なのではないかと感じていました。

私が子供の時代には、公衆電話や電話ボックスが町の中の至る所にありました。

毎朝早く、弟は新聞配達のアルバイトに出かけて行くのですがその弟の話だと公衆電話に小銭が残っている事が多いと言うんです。

自動販売機の返却口に小銭が残っている事も多いという話を聞いたので私も早朝から散歩に出かける事にしました。

近くに飲み屋さんが数件まとまっており、酔っ払いが落としていっただろう小銭がありました。

受話器の外れた公衆電話の受話器を戻すと返却口に大量の小銭が出てくることもありました。

自動販売機の返却口だけでなく、下を見るとそこにも小銭が落ちていて多い時には1000円以上も拾う事が出来たんです。

貧乏臭い話ですが、私たちはそのお金をお小遣いとして使っていました。

いつの時代も生き残る仕事をしていくために

1_09
標準

お金を稼いでいくためには、新たなアイデアが必要です。

世の中の仕事の中には将来消えてしまうものもあります。

単純作業はロボットが変わりに行うようになるでしょう。

しかし、どんな時代になっていても残っていく仕事は、クリエイティブなものだと思います。

クリエイティブな仕事は新たなアイデアを生み出していく作業です。

今までなかったものを生み出していくのは、大変な作業ですが、その分やりがいもあります。

仕事を楽しく充実させたものしていくことは、さらに良いアイデアを生むきっかけとなります。

余暇だけではなく、やはり仕事も楽しく行っていきたいものです。

全ての時間を充実させることで、自然に収入も増えていくようになると思います。

そのためにもまずは充実した時間を増やしていくことが大切だと感じています。