小銭を数えた話

02
標準

子供の頃にひたすら小銭を数えたことがあります。

祖母が小銭を溜めており、いくらあるのか知りたいと言ったからです。

数えるのは楽しかったですが、大量にあったので1時間近くかかりました。

詳しい金額は覚えていないのですが、全部で数万円ほどありました。

報酬として100円貰い、それを持って近所の文房具屋にシャーペンを買いに行ったのを覚えています。

オレンジ色のちょっとお洒落なシャーペンでした。

数か月使ってあっさり壊れましたが、手に入れた時は嬉しかったです。

あの頃は100円貰ったことが純粋に嬉しかったですが、現在は1時間もかかったのに100円は安すぎると思いました。

でも、小学生の子供への御駄賃なので仕方ないかもしれません。