夫婦で金額の話をすることが大事だと気付いた

79db8c96ae8a0ed010a63dcd8d0e9317_s
標準

 月間収入お日様の前はたえずカツカツで、ある程度の元手を残す結果仕方なくカード支払いをする身。こういう自転車操業からは如何に離脱できるのか、引っかかるものです。

 夫妻共稼ぎですが、2人とも低ギャランティのうえインセンティブもほんの少額ですから、夏季のインセンティブで滞納やるクルマ関係の租税や保険などを払います。

カード支払いもひいて取り敢えず夏季でいったんリセットされますが、またどんどんと膨れるカード支払い。次の冬のインセンティブでまたリセット。こういう繰り返しにより蓄財ばっかできず、結婚式5時代目にしてついに200万ほど。

もうこの際どっかの1~2ヶ月、通常質素に暮らしてカードを収支使わない月額を作るようにしないとやっていけないんだって頑として思いました。

今まで決して生計に気分のなかった男も、通帳をあげるってさすがに驚いたようで、最近では無駄に飲み会に出たり、好みの釣りに出掛けたりすることもなくなりました。

自然と夫妻の日にちが長くとれて話をする機会も目立ち、いよいよじっくり洗練できていったらいいなあと思っていらっしゃる。

カードの支払がきっかけで

0dd3754bc6603b2b2f68ecfdec9be011_s
標準

数か月前、旅行先での食事や買い物代をカードで支払いました。

普段はあまりカードを使うことがないのですが、手持ちのお金がないと不安だったのでたまにはいいかと思ったのです。

その時に使った金額は最初に持っていた旅行の予算内で済んだものの、持っているとやっぱりいけませんね。

支払いのためにとっておかなければいけなかったそのお金は飲み会だなんだで消えてしまいました。

そして旅行に使った分の支払いはなんとか済ませたけれど困ったのは翌月からです。

あまり余裕がある生活ではないので支払った分だけやはり生活費に足りなくなってしまい、
再びカードで買い物をするようになってしまいました。

なんだか危険なループにはまっている気がしますが、ボーナスまではなんとかこれで乗り切ろうと思っています。