ドギマギしながらも自己破産を決意

15
標準

消費者金融業者や銀行、クレジットカード会社などからお金を借りまくってしまったことがきっかけで、返済困難な状況に陥りました。あれこれと悩んでも仕方ないため、弁護士か司法書士に依頼することにしたのです。

信頼できる先生に依頼しなければ、着手金や紹介料、手付け金などの名目で多額のお金を騙しとられるのではないかという不安がつきまとっていたことは事実です。私は思い切って弁護士の先生のもとを訪れることにしました。

先生はいきなり、自己破産を勧めてきました。まさか、いきなり自己破産を勧められるとは思っていなかっただけにドギマギしました。でも、一歩を踏み出すしかないと思ったため、先生のアドバイスの通りにしたのです。結論からいえば良かったです。

お金がないときの対処方法

4d32a57c10e1d7455795831bbacd1e73_s
標準

消費者金融は世間的にはあまりイメージが良くありませんが、大手の消費者金融はサービス面が充実しているのですぐにお金を用意する時や少しだけお金を借りたいときに便利です。

自動契約機で申込手続きをしてキャッシングカードを発行してもらってお金を借りる事も出来ますしホームページからWEB完結で申込手続きをしてネットキャッシングをすることも可能です。

現在の利子の状況は大体年利18%レベルとなっています。大手の消費者金融は金利が設定されているのでお金を借りた時に利息が加算されますが、初めて利用する時は30日間無利息でお金を借りることが出来るサービス・会社もあり、期限を守れば返済する時に負担がかかりません。大手の消費者金融は即日融資に対応していて申し込んだ日にお金を借りる事が出来のでおすすめです。

キャッシングはクレジットカードでも可能です。すでにキャッシング枠付付きのクレジットカードを持っているなら、その中の枠を使って借りることができます。

効果が高い500円玉貯金

458a82bee87cdb1c0b89069ad1897d16_s
標準

私が今までに実践した中で最も楽しくお金が貯金ができる方法は、実は500円玉貯金でした。

貯金方法としては簡単なので、改めて述べる必要はないと思いますが、私の場合は500円玉が財布に入っているならばその500円玉はどこかで使える場面があっても、使わずに残して帰宅してから、貯金箱に入れるという方法をとっていました。普段の買い物はクレジットカードを使うことも多いので500円玉が貯まる頻度はそれほど高くなかったのですが、それでも月間では1万円程度の貯金ができていたでしょう。

数年後には 銀行に預金しようと貯金箱を開けましたが、想像以上に貯まっていたことにびっくりしました。そして、また新たな気持ちで500円玉貯金をスタートしています。