自由になりたい

61
標準

お給料から生活に必要な分を差し引いたらとても貯金なんてできなくて、

いつもぼんやりとした不安を感じてしまっています。

でも、本屋さんでお金に関する本があるコーナーに行くと、

お金がなくても幸せになれるし、かえって自由に生きられる。

だから、お金のために嫌なことをしているのだったら、それはとても残念な事。

好きなことをして、ストレスなく生きられるよ!

というような内容の本が置いてあったりします。

パラパラめくって読んでいる間は「なるほど」と思って見るのですが、

しばらくすると、やっぱりお金がないってかなり不安な状況じゃないかな?と思ってしまいます。

きっと、自分の中の幸せの基準を変えたら、お金がなくても不安にならずに自由になれるのだろう、

と、頭ではわかっているのです。

でも、できない。

なかなか難しいものですね。

日頃の買い物が好きで金欠になった出来事

06
標準

“人は何かを買うためにお金を出すと思っています。

私は欲しい商品を絶対に買って部屋に置きたいです。

そういう気持ちなので最近はお金が一気に減りました。

困るのは食費を削って貧しい暮らしをしている部分です。

しかし欲しいものを買った時はテンションが最高になります。

私は金欠というものを本当に甘く見ていました。

最初に困ったのがショッピングができない現実です。

当然のようにお金がないので買い物が進まないのです。

これはストレスだと思ってお金を集めました。

お金を集めるなら借りることも選択にはありました。

しかしそれは自分の中では避けたい方法だったのです。

結局は買い物を減らして金欠を突破しました。

状況によっては物欲の我慢も大事だと感じました

乗りかえたせいでお金が・・・

01
標準

まだまだ乗り続けたかったのですが、旦那がどうしても欲しいといったので、新車を急きょ購入することになってしまい、車ののりかえのせいでかなりお金がかかる状況に直面してしまいました。

もうこれは本当にがっかりです。

ですが、結局最終的には私は運転しませんし、支払いも何だかんだ旦那の給料からやりくりするので、文句は言えないんですけどね。

車を購入しなければ、その分もっと海外旅行とか家にお金をかけることができたのにと思うと、ちょっとくやしいのですが、まあ仕方ありません。

納車されたらそれなりに費用が発生して大変なので、後々のお金のやりくりのことを考えて、今のうちに私もほしいものをパーッと購入しておくことにします。

そうでないと、お金のことでストレスがたまりそうですしね。