もう限界(´;ω;`)

59
標準

親の反対を押し切りやっと一人暮らしデビューした。アパートの契約も済み、電化製品や家具をそろえるのは金銭的に苦しくかったけど、自分の部屋ができてくるは楽しかった。それから、色々、インテリアを買い足してたら、いつのまにか、今月の支出が貯金の半分を使っていた。それから、日常生活に必要なものや光熱費を削るために色々考えた。

まず、広告をこまめにチェックして、安売りやポイント倍デーしか買い物をしないようにした。光熱費の節約のために、お風呂はバスタブにお湯をためて1週間つかう。夏はぬるま湯で我慢できたけど寒い季節は辛かった。電気はこまめに消して、テレビも見ないようにした。

それでも、実家暮らしに比べると、やっぱり出費が気になる。

そのうち、節約中毒になって、自分が決めたルールを守れなと自分を責めるようになった。

もっと節約するために、食費を削っていたけど、それがストレスだったし、仕事のストレスも重なり、アイスやチョコレートを爆買いして過食ぎみになっていった。そして、病気になって結局は余計にお金がいる始末になってしまった。

節約って大事だけど、あまりお金に神経質になっちゃうと全然楽しくない。好きなものは食べれないし、おいしくてかわいい料理もつくれない。唯一の憩いの場のお風呂もシビアになり、リラックスするための家がストレスをためる家になってしまう。

ストレスをためて、貯めたお金は、ストレス発散のために自分のために自由に使わなきゃと今回はいい勉強になりました。