「金欠習慣」いくつ当てはまる?

25
標準

「家賃や光熱費、クレジットカード、車のローンの支払い期限が迫っている」からといって、さらに借金をかさねてしまう—ありがちなパターンだが、当然ながら負債が雪だるま式に膨らんでいく。今支払うべきのものを支払えないのであれば、この先払える可能性は低い。

さらなる借金を重ねる代わりに、まずは借入先の銀行や企業、あるいは専門家に相談し、「負債を増やさない対策」を講じるべきだ。

クレジットカードや融資の返済遅延損害金は非常に高い。延滞期間が長引けば長引くほど、金利で返済額が大きくなる。延滞の記録が残り、信用が落ちるという損失も懸念される。

そうなる前にやはり借入先の銀行や企業に支払い期限や返済額を相談することで、最悪の事態を防ぐことができるのではないか。

ローンの支払いが大変なこと

okane46
標準

我が家は一軒家を購入したため、ローンの支払いがあります。

月に10万円程ローンで飛んでいきます。

家族みんな働いていますが、支払いが結構きついです。

ローンに生活費を引けば、余るお金がほとんどありません。

家計は火の車と言っていいと思います。

そのため、遊びや趣味に使えるお金もありません。

生活していくことの大変さを身を持って痛感しています。

しかし、悲しい気持ちになっている暇はありません。

私達のためだと思って頑張って毎日働いています。

持ち家を持っていることは、メリットもたくさんあることと思います。

働くことは楽しくて楽なことばかりではありませんが、今は働けることに感謝して日々頑張って仕事をしていきたいと思います。

明日からも気合を入れていきます。

やっと入った「ローン返済」のスイッチ

27
標準

思えば何にも考えていませんでした。
ローンって利息が高いんだなと最初に感じたのは、主人任せだった車のためのローンの利息を見たときでした。
え? 嘘? と思うくらいに高かったのを覚えています。
利息で何十万もプラスになるなんてと。

でもそこでローンを組むことを辞めることはありませんでした。
主人の事故がきっかけで生活費が一時払えなくなり、
そこでリボ払いを利用してから「リボ払いのある生活が普通」になってしまいました。

一応自分の中では「リボは10万円まで」と意識はしていて、
10万を越えると無駄遣いはやめますが、
残り3万円くらいまできたところで、他にお金をかけること(例えば家族旅行であったり)を優先させてしまい、
買い物で使った分は「今回は仕方がない」とサクッとリボ払いに変えていました。

言い訳にしていたものは「うちは住宅ローンがないんだし」という気持ちでした。
一括で両親が購入し、両親に毎月家賃を支払っている状態なので、一般的な住宅ローンがありません。
「他の家のほとんどは住宅ローンという大きな借金があるけど、うちにはないから大丈夫」と、
軽くリボ払いに変更してきました。
実際には大丈夫でも何でもないのに。
バカですね。

本来なら昨年末でリボも完済している予定でした。
でも結局ずるずると10万ほどが残ったまま今年の後半に入ってしまいました。

9月に突然節約モードに入り、いろいろ節約ブログを見たりしていると
「やっぱりリボの利息ってバカみたいだな」と思えるようになりました。
まずは申し訳ないけど10月の子ども手当と幼稚園の助成金を使って、リボを完済してみようと思いました。

10月末に幼稚園の助成金が入るので、入金と同時に完済できます。
あとは今後使わないようにするだけです。

もう一つ残っているのが来年2月で終了の、子どもの通信教育にかかったローンです。
20万円でローンを組んで25万円でした。
利子5万……情けないです。
後悔しています。
もう2度とこんなローンは組みません。
ここで味わった後悔の念は、絶対に今後に活かします。

来年2月なのでもう少しですが、ちょっとでも早く返せるのなら返してしまいたいです。
100円でも200円でも無駄なものは省きたい。

今はこの二つのローン完済目標が楽しみで仕方がありません。
早く貯蓄体質になりたいです*
来年が楽しみです。