急な出費について

04
標準

今月は、急な出費がありました。
突然、高校時代の友人に誘われて食事会に参加してきました。
その参加費に約4千円も取られてしまいました。

仲の良い友人で親しくさせてもらっている方だったので、なかなか断れず参加する形になりました。
私のこの給料で4千円の参加費は、凄く痛いです。
少しお堅い感じの食事会だったので、あまり食事も楽しめませんでしたが、久々に友人に会えたのは良かったです。

今度からは、食事会も断ろうと思います。
冷たい人間に思われるかもしれませんが、今は生活費とローンを支払っていくだけで精一杯です。
もし少しでもお金に余裕があるのなら、友人と2人でカフェにでも行くくらいで充分です。

久々に贅沢してしまいました。

年度末に振り返ると出費の多さに驚くこと

13
標準

年度末になり、一年を振り返りレシートや領収書の整理をしていると、そこで気づくことがあります。それは出費の多さです。

生活していく上で必要最低限のものは買う必要があります。ですが、たまにちょっと今日は頑張ったからご褒美に洋服とか、面倒だからコンビニで買えばいいと買って結局家に持ち帰っても一回きりで使わないものなど、何かしら理由をつけては出費をしていたことを思い知らされます。

その出費の総額は自分にとっては本当になぜこんなにと思うくらいで、全部が無駄遣いしたように思ってしまいます。お金は大きな出費よりも日々の小さな買い物による出費のほうが多いともいいますが、まさにその通りのように思います。

お金は小さな買い物のときこそ、今一度考えてから使おうと年度末になる度に奮起します。

給料日前になっていつも出費

16
標準

いつも給料日一週間前になっていつも出費が増えてしまいます。子供の習い事の月謝などは給料が入ってすぐに取り分けていますが、夫が急に言ってくる送迎会などの会費などが困ります。

会社の皆さんはみんな同じ給料日のはずなのに、絶対に給料日前に飲み会をするのです。毎月ギリギリの生活をしているので、送迎会などの会費はいつも貯金から切り崩しています。

使い込んだ分は給料が入ってすぐに補填しますが、毎月切り崩して補填するの繰り返しです。他のところで借金はありませんが、家計の中で自転車操業をしているような感じです。

いつかこの自転車操業を抜け出したいと思っています。給料が上がれば一番いいのかもしれませんが、そうなるまではこの生活から抜け出せないと思います。