養育おじさんの悲哀

02
標準

育児年齢のダディの現金三万円はもらいすぎだろうか?

会社での飲みは2ヶ月に1回近辺、とにかくマネーの要るホビーもしない、アパート呑みの安ワインは月々三千円、昼食は会社食で天引きとなれば本当に遣り繰りに訓練はしないハズ。

だが、毎日費消達する朝めしのパン金といった土日の外食費をブランクやりくりばっかない事を理由に動揺させられてある。
でもお子様が狭くいく事ができない間は、コツコツヘソクリやっぱしやってきたものだ。

ただし今やお子様1は小学3時男子、成人並みに喰う。お子様2、3は赤子を習得し、最初世間に独り1食を要求する。
独身時代に貯めた数値百円のヘソクリは空前の燈火、こんな事になるなら自分に留まる何か買っておけば良かったという後悔する。

嫁よ、私はどうしても現金を上げろという言ってる訳ではない。
少なくとも私の売上相応の外食生活に協力してほしいだけです。